屋根・外壁・雨樋 工事のプロフェショナルです 屋根・外壁・雨樋のことなら、お任せください。 雨樋 外壁 屋根

施工事例

支部一覧

加盟店なら安心です。お近くの神奈川県板金工業組合加盟店を、お探しください。
川崎 > 鶴見 > 港北 > 神奈川 > 緑 > 旭・瀬谷 > 西 > 中 > 保土ヶ谷 > 南 >

港南 > 戸塚 > 磯子 > 金沢 > 大船・栄 > 鎌倉 > 横須賀 > 相模原 > 大和 >

厚木 > 藤沢 > 茅ヶ崎 > 平塚 > 伊勢原 > 秦野 > 小田原 >

? アイコン板金工業とは?

神奈川県横浜を歩く > 建築板金の材料 >   ページ内リンク:こんな状態になったら? >  

? アイコン板金工業とは?

新築工事では建築業者様とともに、修理やリフォームでは主に単独で、
みなさまの屋根・外壁・雨樋などを工事する仕事です。
建築板金とも呼ばれ、自動車の車体を修理する「自動車板金」よりもずっと古い職業です。
※換気/排気ダクトや厨房機材の板金工事も含まれます(一部組合員対応可)。

屋根 外壁 雨樋

? アイコンこんな状態になったら?

こんな状態になったら、私達の出番です。お近くの神奈川県板金工業組合の加盟店に、お問合わせください。
※写真はすべて組合員が扱った事例です。

屋根の状態屋根アイコン

天井にしみがある・雨漏り?
天井のしみ

屋根材が錆びている?
屋根材の錆び

瓦がかけている?
瓦のかけ

屋根材がとれている?
屋根材の欠落

その他、屋根で気になる症状があれば、
お近くの加盟店にお問合わせください
屋根

外壁の状態外壁アイコン

外壁のしみ、一部が乾きにくい!
外壁のしみ

塗装がくすんでシミが目立つ!
塗装とシミ

タイルが剝がれてしまった!
タイルの剝がれ

その他、外壁で気になる症状があれば、
お近くの加盟店にお問合わせください
外壁

雨樋の状態雨樋アイコン

雨樋が壊れてしまった!
壊れた雨樋

雨樋が詰まって困る!
雨樋の詰まり

その他、雨樋で気になる症状があれば、
お近くの加盟店にお問合わせください
※屋根と同時に工事をすると割安になります
雨樋

? アイコン建築板金の材料

かっては、簡便なトタン屋根と重厚な瓦屋根が、屋根材として普通でした。
現在では、外壁材も含め、さまざまな素材が登場しています。代表的なものを紹介します。
お客様の条件や好みで、お選びいただけます。
※写真はすべて組合員が扱った事例です。

屋根に使用する代表的な材料屋根アイコン

ガルバリウム鋼板
【 ガルバリウム鋼板 】
金属系屋根材として、最も一般的です。多数の材料メーカーから発売されていて、色・デザインが選べます。

塗装とシミ
【 スレート材(カラーベスト) 】
従来のスレート材から進歩し、デザイン・色・厚みも微妙に違う様々な種類があります。

金属成形瓦
【 金属成形瓦 】
一見瓦に見えますが、金属を加工して瓦の形状にしたものです、金属系でも、重厚感を出せる屋根材です。

セメント系瓦
【 樹脂系瓦 】
従来の瓦の弱点=重さ(地震時に重要)を軽減した軽い瓦です。

外壁に使用する代表的な材料外壁アイコン

窯業系サイディング
【 窯業系サイディング 】
現在の主流の材料で、断熱・耐久性ともに優れています。デザインが豊富です。

金属系サイディング
【 金属系サイディング 】
多くはガリバリウム鋼板を使用、裏面に断熱効果のあるアルミ箔やウレタンが積層されています。

ウレタン塗装
【 ウレタン塗装 】
塗装では耐久性・作業性・環境負荷から、ウレタン塗装が主流です。

雨樋の材料雨樋アイコン

雨樋

家庭用では、プラスチック系が価格面で主流です。
色・形も屋根に合わせて選べます。
耐久性の良い金属系も使用されていますが、高価です。

素材メーカーのホームページ

参考に、代表的な素材メーカーのホームページをご覧ください。

ケイミュー(株)  http://www.kmew.co.jp JFE鋼板(株) 住宅屋根ページ
http://www.jfe-kouhan.co.jp/products/metal_roof/
(株)セキノ興産のリフォーム商品  http://www.sekino-reform.jp 旭トステム外装(株)  http://www.asahitostem.co.jp 積水化学工業(株)雨樋
http://www.sekisui-kenzai.com/prd_amatoi1/ama_jyutaku/

? アイコン神奈川県横浜を歩く~先達の技を見る

神奈川県横浜は、近代建築板金の発祥地と言われています。
江戸末期より、日本の近代建築は横浜から発展し、それに伴って建築板金の技術も横浜で育ちました。 傘下の横浜市板金組合連合会は、平成28年に創立100周年を迎えました。

初期の西洋建築は、関東大震災で被害を受けて改築されてしまいましたが、それ以後の「横浜の三塔」で建築板金の先達の技を見ることができます。
現組合員の先祖も、これらの有名建築を建てるのに汗を流したかも知れません。
横浜を歩いて、古の先達の技をぜひご覧ください。

キング

【 通称キング 神奈川県庁本庁舎 】
かっての日本の表玄関・横浜港から目立つ建物として建設された。随所にある銅板の緑青色がアクセントになっている。
1996年に登録有形文化財(建造物)に登録。
 
参考:
キングの塔(神奈川県庁本庁舎)
へようこそ! >

クィーン

【 通称クィーン 横浜税関 】
塔の屋根は銅板一文字葺き。銅の特色として金属色が時間をかけて緑青色になって、落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
 
参考:
横浜税関 クイーンの塔について >

ジャック

【 通称ジャック 横浜市開港記念会館 】
屋根や塔は薄銅板葺き、最後に銅・スレート葺きのドームが再建されたのは、平成元年(1989年)。
 
参考:
横浜市開港記念会館のページへようこそ! >

神奈川県板金工業組合

http://www.kanabankin.jp 
Copyright (C)  神奈川県板金工業組合 All Rights Reserved.